iCloudの代わりに、Dropboxで音楽共有する方法

iCloudは日本では音楽の共有ができないそうで・・・
脱獄しても無理っぽいのでDropboxで実現します!

Dropbox へようこそ!

Dropboxを使用した、iPhoneでの音楽再生の手順を中心に書いていきます。
Dropboxの導入方法は他サイトを参考にしたほうがよいかと・・・

Dropboxとは?

Wikipedia-Dropbox
Dropbox(ドロップボックス)は、オンラインストレージとローカルにある複数のコンピュータとの間でデータの共有や同期を可能とするオンラインストレージサービスである。

Dropboxは無料で2GBデータをクラウドに保存しておけます。
iPhone・iPad・Android・PCその他ネットに繋がる端末であれば、ほとんど使用可能!
最近日本語化されたようなので、導入のハードルもぐっと下がりました。

アカウントの作成

まずはアカウントを作成します。
こちらからアカウントを作成すると、250 MB のボーナス容量がもらえます。
Dropbox へようこそ!
つまり、お友達紹介システムですね。
無料アカウントの場合、最大8GBまで増やせるので、じゃんじゃん紹介しましょう!

Dropboxクライアントソフトのダウンロード・インストール

他のサイト等でわかりやすく説明されているので・・・
こちらを参考にしてくださいな(丸投げw)
 Dropboxの使い方

My Dropboxフォルダに音楽ファイルを入れておけば、自動的にオンラインアーカイブにバックアップされるわけですな。

設定画面で、アップロード時の帯域を絞ることができます。
基本的に無制限で問題ないですが。

また、My Dropboxフォルダを変更することもできます。

iPhoneで音楽を再生

ここからが本題。
iPhoneにはDropbox純正のアプリがあります。

Dropbox

が、音楽再生には適していません。
連続再生ができないのです。1曲ずつ聞くのはちょっと・・・実用的ではない・・・
探してみたら、有料ですが使いやすいアプリがありました。

ミュージックプレイヤー All-in-1

350円の有料アプリになります。いろいろ試しましたが、このアプリが一番使いやすかったです。
いや、このアプリ以外は使いものにならないレベル・・・

~~以下、使い方~~

設定から、Dropboxのアカウントにログイン。

3Gネットワークの利用をON

DropboxをインストールしたPCのMy Dropboxフォルダ内に、Music Playerというフォルダーが自動的に作成されているはずなので、そこに音楽ファイルを突っ込む。

このアプリでは、音楽ファイルをフォルダーで管理します。
アルバム・アーティストごとにフォルダーで分けておくと見やすくなります。

ライブラリ→Dropboxを選択

アルバムごとにフォルダ分けしておくと見やすくなるのです。

再生画面。
アートワークも表示可能

曲を選択後、数秒待たされますが、快適に音楽を聴くことができます。
シャッフル再生もでき、完璧。
アプリの完成度が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました